ショアから青物つりたいもんで

感謝して頂きます。

ショアジギング フォールの当たりってどんなの?初心者の人でもわかりやすいフォールの当たり方と対処方

スポンサーリンク

こんにちは、んげです。

 

ショアジギング始めた時は「フォールで当たる」ってイメージできなかった

覚えがあります。

 

フリーフォール中に糸が出なくなるとか急に糸が走り出すとか、、、

 

最初は、急に糸が出なくなって「ドキッ」として

これがフォールで食ったってやつか!と鬼フッキングしてみたら

何の反応もない事しかなかったですね。

 

今回は、フォールで食うってどんな時?どんな状態?

ってところを実際のフォール中の当たりを映像でも取れたので

お見せしようか思います。

 

 

フォール中のあたりとは?

まず、初心者の方は「フォール」すらハテナ?な人もいるかもしれないので

簡単に説明しますと、まず「フォール=落ちる」という意味で

ジグが海中をフォール(落ちている)している時、させている時の事を

フォールと呼びます。

 

ショアジギングではテクニックというより通常作業な感じで

弱った魚のアピールや海の底を探るのに100%行う作業になります。

こんな感じでキャストして海面にジグが着水したら海底にむかって

ジグを落としていきます。

f:id:yellowteil:20200601232950p:plain

フォール

 

 

 

フォールの種類も代表的なもので

「テンションフォール」と冒頭でも話した

「フリーフォール」というものがあります。

 

「テンションフォール」とは

そのままですが、ジグを海の底(ボトムと言います)まで沈める時に

ジグにテンションをかけたまま落とす事を言います。

この時ベールはロック(リールの糸が出ない状態)しており

もし、魚がかかった場合は感触ですぐわかると思います。

 

f:id:yellowteil:20200601235123p:plain

テンションフォール

「フリーフォール」とは

フリーというのは、リールの糸を出したままにして(リールの部品ベールという

部分をロックさせずに常に糸を出した状態)ジグを海の底に沈める方法です。

「テンションフォール」と「フリーフォール」はジグが海の底に沈んでいくときの

スピードや動きがそれぞれ異なり、その時々で落とし方を変えたりします。

「テンションフォール」は初心者の人でも、もし魚が食ってこればある程度

感じ取ることができると思います。

 

下記フリーフォール

 

f:id:yellowteil:20200602002317p:plain

 

 

今回のフォールについては「フリーフォール」時の当たりについて

説明していきます。

 

 

 

まず、フォール中の当たりは大きくわけて2つあります。

 

1つは、ジグが海底に沈んでい

くと当然リールの糸がでていきます。

海底につくまでは糸は止まる事が普通はありません。

しかし、ジグが海底に落ちる前に魚が食いついてこれば

ジグは沈まなくなります。沈まなくなる=リールの糸が出なくなります。

この糸が出なくなった時に魚が食ってきた可能性があるという事です。

 

しかし、この糸が出なくなる現象というのは、

・ジグが海底に落ちた

・魚が食ってきた

以外にも発生します。

それが以下になりま

す。

 

・ゴミにひっかっかった

・急な潮の流れの変化

・糸がたるむ方向に自分が動いた、竿を動かした

が上げられます。

 

ジグが軽いと特に潮の流れで不安定な落ち方をしますが

以上のような要因で、リールの糸が出なくなる時があります。

 

 

 

2つ目は

ジグを海底に沈んでいく際には、ある程度なスピードで海底に沈んでいくため

リールから放出される糸の速さも大体同じスピードになるかと思います。

そんな中、リールから出ていく糸のスピードが急に早くなる時があります。

 

沈んでいくジグを弱った魚を思い込み、すごい勢いで魚がアタックしたり

食ってくる為、糸が急に出ていくことがあります。

これは、発生すればほぼだれでも感じ取ることができるかと思います。

 

 

 

フォール中に当たった場合の対処方

 

1つ目と2つ目でフォール中の当たり方を説明しましたが

この2点を感じた時の対処方法を説明いたします。

 

というか違和感を感じたらとにかく合わせる

 

これだけです。

 

1つ目のラインが止まる場合は

 

よく言われるのは、ジグが海底(ボトム)に着底するまでの時間を

カウントしたほうがいいって聞きますよね?

 

あれは、水深や地形、レンジをキープして探る際に必要な事ですが

魚がフォール中に食ってきた際に判断できる材料でもあります。

 

例えば、ボトムまでカウント30で15カウントでラインがでなくなれば

ボトムではないのに何でラインが止まったんだろう?と違和感に気づきます。

そのため、頭の中でのカウントは必須だと僕は思います。

 

2つ目のラインが走り出す場合は

潮の流れが鬼速いか、魚がひったくっていったか、海鳥がラインをひっかけたか

くらいなもんで、おおよそ魚がかかってラインがひきだされれば

ほとんど気づくと思います。

 

だったらあとは合わせるだけだよねっと思いたいところですが、

魚の大きさによっては、ラインがでかい魚にひっぱられてテンションが

かかるため、ベールが返せないことがあり合わせることができない場合が

あります。

 

実際にそのパターンがおこってしまったので動画をご覧ください。


ショアジギング 大物 フォール中にラインが走り出す! パニックで撃沈編

フォール中当たり動画

 

今までは、ラインが走り出しても難なくベールを返して合わせていたんですが

この時は、今までにない大物で(自分にとっては)ベールが帰りませんでした。

 

結局、主導権を握られて、パニックしたので前に根がある事も忘れて

魚を浮かせる事ができず、、、

惨敗しました。

 

きっと、こんなパターンはめったにある事ではないですが、もし大物がきて

同じ様にベールが返せない日が来るかもしれません。

ベールが返らないとおもったらすぐロッドを上に振ってラインをふけさせて

ベールを返すようにしましょう。

 

ふけさせるっていうのは、ラインを多めに出してテンションをかけない様にすることです。

 

 

初心者の方が、フォールでも釣果が上げられますように。。。。

 

 

ショアジギは修行!